1教科でも大丈夫?

塾講師として働き出す時に、自分が得意な一教科だけを教えるのは良いのかと思うことがあります。求人に一教科でも可と書かれている場合は一教科だけを教えるだけで良いです。
しかし、求人に何も書かれていない場合は、得意な教科は一教科だけでも、大学を卒業しているのだから分かるだろうと思われ、ほかの教科の指導も任されてしまうことがあります。求人に応募し面接などが行われるのであれば、一教科以外は教えることが出来ないと事前に伝えておく必要があります。
また、塾講師として働き出してから一教科だけを教えるとしても集団授業と個人授業では、気をつけるポイントが違います。
集団授業の場合は塾講師の自分が中心となり、学習を進めていくため、その日教える部分の予習復習を行っておくと良いです。詳しく知っておくことで、生徒からの質問などに適切に答えることができます。
個人授業の場合は、塾講師が中心というよりは、生徒のペースに合わせて学習を進めていくことになります。教えて欲しいところを、その場で言われるので事前に学び直しておくことは出来ません。それでも生徒からの信頼を得るめにも、すぐに学習を始める必要があるので、どこを聞かれても教えられるように幅広く深い知識を身につけておかなければいけないのです。
求人の用紙などに個人授業か集団授業か、記載されていることが多いため、確認してから働く塾を選ぶ必要があります。