教え子の成績が急降下

教えている小学生たちもそろそろ中学受験が視野に入ってくる時期になりました。私も大学3年になり、講師も2年目に入りましたので、前よりも教えることには慣れてきています。

でも、好事魔多しとは良く言った物で、急に何人かの生徒の成績が急降下してしまったんです。分数の足し算や最大公約数のように、みんなが躓きやすいところで成績が悪くなったのであれば、対処のしようもあるのですが、今回はチョット違うようです。

どうしたものか悩んで、先輩の講師に聞いて見たところ「小学生ってメンタル的な部分で集中力が落ちたりするよ」と言われてハッとしました。最近、生徒と親しくなってきて良い関係が築けているのですが、一方で、テスト中に質問してきたり、少しケジメが足りないと感じる部分もあったのです。

先輩いわく「中学受験直前でなくて良かったね。」とのこと!確かにその通りでした。

早速、約束シートというのをつくって、授業中、テスト中、授業の前後の3つの時間に分けて、勉強や先生との態度と、ケジメをつけることの目的を説明しました。

最初は、教え子たちも不満そうでしたが、次のテストでは、成績がある程度戻ってきたので、納得したようです。ただ厳しいだけの先生でもいけませんし、親しいだけの先生でもいけない。こどもたちに教えることの難しさを実感してしまいました。