夏期講習を乗り越えて

先日、私が講師をしている中学受験塾で夏期講習がありました。

講師になって1年目の私にとって、初めての夏期講習でした。

私も学生時代、中学受験を経験していたのでその大変さは誰よりもわかっていました。

その経験をふまえて、今度は私が受験のサポートをしてあげたいと思い、講師になりました。今回は教える立場になったのですが、自分の経験を活かし生徒たちが力み過ぎず、楽しんで受験にのぞんで欲しいと思いたくさんの努力をしました。

私が教える勉強法の1つ目は、勉強を呼吸のように当たり前の習慣にしていくことです。誰もが勉強しなさいと言われ無理やりやらされたら長続きしませんよね。私も同じでした。熱心に教えてもらっても自分にやる気がなければはかどりません。なので、習慣づけるのが一番なのです。

そうするのはとても大変なことだし、時間もものすごくかかります。その中で一番大事にしたいのが生徒たちとの会話です。会話をし、コミュニケーションを取ることで、生徒たちはどんどん私に心を開いてくれます。すると、勉強に関しても知りたいと思ったことを自分から質問してくれるようになります。その質問に答えていく事を今回の夏期講習で繰り返していき、生徒たちと頑張って乗り越えました。